「株が上がるね」という言葉

「株が上がったね」「株が上がるね」と人に対してもこの言葉を使うことがあると思います。

実際の株が上がる時、その会社が新しい事業を始めることに対する株主からの期待や、実際の実績が良く、大口小口に関わらず、株主から買が集中し株の価値が上がる。
わたしも某企業の個人株主の一人なので、常に情報・トレンド・業績にはアンテナを張って敏感にキャッチしています。

さて、この株というものを、人の価値・値打ちとして例えた時に、当店ではどのようにして捉えられるか、というお話です。

各ロイドは、お店から、お客様から評価がつけられます。
特にお客様からの予約が、ランキングという評価になり目に見えて表れます。

まだ、オープンして二ヶ月ですが、オープン3(スリー)と個人的に呼んでいる三人は、やはり何度も顔を合わせ、研修をしたので、その分当店からも、お客様からも評価が高いです。

特に株がうなぎのぼりなのは、やはり「小林仁・伊吹海斗」
海斗は元々経験者なので、安心して送り出せるところもあり、やはりお客様からいただいたアンケートでも高評価です。
小林に至っては、新人なのにも関わらず初月からナンバーワンに輝いたのは、魅力だけでなく、言われたこと、教わったことを全てきっちりとこなしているからでしょう。
こうなると、代表のわたしからだけでなく、お客様からの実際の印象も良くなり、それが当店全体の印象にまで繋がります。

この二人は右肩上がりで、株価チャートでいうローソクはグングン上を向いていきます。

では、ここ最近入ったばかりの新人はどうなのか? と言われると、一生懸命に「自分を売り込みたい、ぜひ、僕を呼んでみて欲しい」という気持ちをブログや写メ日記などでアピールしているロイドは、やる気を感じられ、「なんとしても彼を一度呼んでみて欲しい、イチオシにしてあげたい!」と思います。

わたしは基本的に「一生懸命」なロイドを推します。

やる気のないロイドをお客様の元へ向かわせるのは不安であり、また失礼にあたると思っております。

新人で入ったばかりの藤原、桐生、武田の三人はとてもやる気が感じられ、今すぐにでもお客様の元へ送り出せる三人です。
藤原からは才能と知能を初めて会った時から感じ、やはり実際のご予約に繋がっています。
じわじわ株価が上がって↑いるところです。

さらに新人になると、赤井、京介はまだ写真撮影を終えていない状況でも、写メ日記で売り込みをしたり、ブログの準備をし始めたりと、ここ一ヶ月くらいで、本格的に動き出せるというところでしょう。
赤井に関しては、とても人懐っこく、代表のわたしも、彼のぶっ飛んだ? 天然な? ワンちゃんのような? 面白いキャラクターが書くブログを楽しみにしています。

まだ市場でいえば、マザーズやジャスダックあたりに位置する新興店舗ではありますが、老舗他店が位置するところまで、頑張っていきたいと思いますので、今後も当店ロイド、そしてホストロイドをよろしくお願いします。


HOSTROID® / ホストロイド® 代表 橘聖也

出張ホストクラブ「ホストロイド」の代表、橘聖也。 出張ホストクラブ「プレシャス」の元No.1ホスト、最多No.1・最多月間売上を記録し、入店から四年後の2017年4月に独立。 http://hostroid.jp 傍ら、知的障がい者支援活動を行っている。