出会いと別れの季節

三月から四月にかけて、出会いと別れの多い季節ですね。
卒業から入学、新社会人等々。

すでに本人からの発表があったので、ご存じの方も多いと思いますが、当店の晴明が退店となります。

普段は、ロイドが辞めるということで、このように筆をとることはないのですが、思い入れのあるロイドだったので、書きたいと思いました。




彼が当店の門を叩いたのは、昨年の6月。

大抵の応募者は、適当な自撮りや酷いものでは口元を隠していたり、横顔だったりと。(自信がないなら最初から応募をするな、と。)

しかしタレントの宣材写真のような撮り方をした写真データと共に申し込みがきた。

この時点で、やる気が他の者と違うことが伺える。

すでに30代ということもあり、社会人としてもしっかりとしていて、当店が求めている人材にぴったりであった。

「うちに光を与える逸材になる」と思った私は、すぐに面接、撮影。

入店からまもなく予約は入り、瞬く間にナンバーワンとなった。

当店に所属する子は、必ずしも磨けば光ると思われる何かを持っている子が所属していて、それを光らせるための研磨剤が、当店の研修システムだ。

しかしながら、彼に教えることはほとんどなく、自ら思考し、模索し、進むタイプであった。

この点は、今いるロイド達にも見習って欲しいところである。

私は常に彼らに、思い伝えていることがある。

「新人に抜かれてもいい。予約がなかなか入らなくてもいい。他に見た目で負けていてもいい。最初は、ただガムシャラに、ブログや写メ日記を書き、いつ予約が入っても<100%の接客>が出来るように準備をしておきなさい、と。なにも行動せず、ただお客様からの予約を待つのは、賞味期限切れのスーパーのお総菜を陳列したままにしておくのと同じだ、と。そのようなものを提供するのは失礼だ、と。常に自身を分析し、磨き続ける必要がある、と。」と。

この考えを伝えずともやっていたのは、晴明であっただろう。

非常に惜しい存在であり、また一流を目指してさらに励んで欲しかったが、彼の未来というものがある。

彼だけでなく、いずれは皆、自身の原動力となるものをここで貯め、出発していくのである。

彼の今後の成功を心から祈りつつ……。





















祈りつつも。








































いつでも戻ってきていいからね♪




HOSTROID® / ホストロイド® 代表 橘聖也

出張ホストクラブ「ホストロイド」の代表、橘聖也。 出張ホストクラブ「プレシャス」の元No.1ホスト、最多No.1・最多月間売上を記録し、入店から四年後の2017年4月に独立。 http://hostroid.jp 傍ら、知的障がい者支援活動を行っている。